HOME>記事一覧>自立した暮らしがルールとなるシニア向けの不動産

住み心地を確認

住宅模型

阿佐ヶ谷エリアでの賃貸物件探しにおいて、住み慣れた街を離れ、新生活を始めるのは不安でしょう。特に、阿佐ヶ谷エリアも高齢化による理想のシニアライフを送るための環境が整い始めています。都会で暮らすためには、納得いくまで体験入居をすることが利に適っています。個別見学、体験入居を受け付けているケースもあります。自分の今のライフスタイルとどこが違うのか、安心して暮らせるのか、特に終の棲家を見極めたいのであれば、賃貸借契約の前には必須になります。季節ごとの住み心地というのは一時的な体験や見学では見極めることが難しいため、営業マンの声などを参考にしましょう。

健康的な住まい探し

相談

阿佐ヶ谷エリアの賃貸物件は、家具家電付きであったり、ビジネスマンにメリットのあるマンスリーマンションや、食事付きなどのサービスが付帯されているケースも少なくありません。また現在、シニア層が求める住まいと利便サービス、生活支援や介護サービスなどの取り組みが加速している阿佐ヶ谷エリアですから、セカンドライフにもうってつけです。ただし、小児や高齢者の場合には、医療機関が充実している場所選びに妥協してはなりません。元気なうちは自立(自律)して、自分のライフスタイルで暮らすのがマナー・ルールです。一時的に生活支援が必要になったり、日常的に介護が必要になれば、それなりの賃貸マンションなどを選ぶようにしましょう。